10月 


 
 暑い夏を何とかのりこえてバラの最適な時期に入って来ました。
 でもバラの反応は、まだ今一つというところです。
 肥料、水の量、温度、管理とこの時期は、とてもあわただしい時期です。
 9月後半〜10月中旬までは、今期の冬期の作を左右する一番気の抜けない時期でもあります。
 今日は、10月16日やっと水、肥料,の調整もととのって来て順調にバラの成育が進み始めていま
 す。
 バラにとって良い時期はひとときです。この19日には、暖房を開始する予定で大忙しです。

温湯用ボイラー 温風用ボイラー

温湯用の配管 温風用のダクト

  温室を暖房するには(夜温18℃)現在2通りの方法が広く利用されています。
 温風、温湯の2通りです。それぞれ利点,欠点があります。

暖房機の準備と同時に大事なことは、温室を
2重、3重と包み油の利用率を下げることです。

夏場に(7月参照)使用した遮光用のカーテンを
夜の間利用して保温の効率を高めます。
だいたい3割位の利用効率があります。

カーテンのチェックです。

1列植えのバラ

9月22日に定植した1列植えのバラはやっと
根付いた状態です。

やはり春に比べるとだいぶゆっくりのような
感じを受けます。

 

 Netscape Navigator 4.0 &Internet Explorer 4.0 以上推奨
画面サイズ 800 X 600 pixel 以上推奨
Copyright(C) 2000 Avante-Rose All Rights Reserved.