アバンテの遍歴と経営内容
| 小売り部門の状況


 
 1971年アメリカにおいて1年間の農業研修を終え2月帰国。

 184坪の温室に赤バラ(メリーデボア)からスタートし3年間かけ650坪に増設、以後1987
 年400坪増設、1987年450坪増設、計1500坪の経営に入り労働力確保のためパート5人
 体制とする。

 以後暇をみつけ、一人にはパソコン、二人にはF.Dと役割をつけ将来のための一歩を歩
 み始めた。

 何といっても温室の管理作業は無視できないため年長のパートに主導権を持ってもらい
 管理作業に当って来ました。

 時代の土の時代から土を使わないロックウール栽培の時代に入り、1995年300坪を借り
 受け試験栽培に入る。思ったより良好のため3年をかけ1998年1400坪がロックウール栽
 培に移行完了しました。

 1987年以降F.Dの発表会、パソコンの練習を続けてきた結果、生産直売の方もそれなり
 に 伸びてきて作業員のみんなもこの10年の間に大きく変わってくれています。

 以後消費者の求める花、環境に配慮した生産を考えて努めていくつもりです。

 現在の温室は鉄骨アルミ制で保守にはほ
 とんど手がかからなくなりました。

 付帯設備も自動化が進み季節毎にセット
 するだけです。

 
 温室内部のバラの成育状況です。
 ベット毎に花の切れる時期を調節している
 ので成育段階が一目でわかると思います。
 
 ロックウールの設備です。
 たった7.5cmのマットの中にバラの根が
 成育し黒いチューブで水に肥料を溶いて
 点滴で与えています。
 
 バラの栽培状況

 アーチング法(アーチ型にたおす)といって切り花する枝
 と光合成をする枝を分けて仕立てる方法の調整作業で
 す。

 
 花切りをしている状況です。

 バラは花の開き具合を見極めるのが難しく蕾で切ると花
 が開かない事があるので慎重に花切りします。

 
 花を出荷するための調整作業。

 10本を1単位としてたばねます。
 花を揃えて縛るのはなかなかのテクニックです。

 バラにはトゲのきつい品種もあり花縛りばかりしている
 と指の指紋もなくなる程です。セロファンで10本ずつ包み
 出荷します。
 
 出荷調整作業が終わり出荷される状態のバラたちです。
 
 ■ 名 称  内 藤 ば ら 園
 ■ 郵便番号  〒444-0404
 ■ 所在地  愛知県幡豆郡一色町大字野田字上野田113番地
 ■ TEL  0563-73-5368
 ■ FAX  0563-73-4478
 ■ URL  http://www.avante-rose.com
 ■ E-Mail  avante@avante-rose.com
 

▼  案  内  図  


アバンテの遍歴と経営内容
| 小売り部門の状況


 Netscape Navigator 4.0 & Internet Explorer 4.0 以上推奨
画面サイズ 800 X 600 pixel 以上推奨
Copyright(C) 2000 Avante-Rose All Rights Reserved.